B-2 若者


若者の心に火をつける!

社会問題を自分ごとに変えるコーディネーションを考える

*学生のボランティアや社会的な活動を支援している人

*学生を主体的な担い手として受け入れたい団体・地域・行政などの人

定員 30名

  さまざまな団体が若者を対象としたプログラムを展開する中で、現代の若者が社会問題にふれる機会は増加しています。その一方、トレンドやブームとして社会的に注目されているテーマには若者は集まりやすい傾向がありますが、長いスパンで関わり続ける持続的・継続的な取組は成立しづらくなっています。

 本分科会では、社会問題を「自分ごと」と捉え、長期的な視点で活動に取り組んでいる「活動に “ハマった” 若者」のリアルな声をみんなで紐解きながら、コーディネーターが若者の心に火をつける関わり方や視点などを考えます。

 

講師・コーディネーター

川中大輔さん

 

シチズンシップ共育企画 代表/龍谷大学社会学部講師

 

1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。1998年から野外教育や不登校児童支援、環境問題、まちづくり、社会事業家支援のNPOで活動し、2003年にシチズンシップ共育企画を設立。現在、同代表。「社会をつくること」と「学ぶこと」の両方のおもしろさが実感できる「学びのデザイン」に関心を寄せ、全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントのワークショップを担当している。尼崎市などで行政等と協働して中高生の社会参加プログラムを提供。2017年より龍谷大学社会学部専任教員。現在は他に日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員・事務局長、NPO法人神戸まちづくり研究所理事なども務める。

事例発表者

社会・地域問題を自分ごとと捉え、活動に取り組んでいる関西の大学生(6名)


☺[担当]井上泰夫(京都産業大学ボランティアセンター)/高橋あゆみ(同志社大学ボランティア支援室)